失業率との関係

失業率との関係

テレビなどでもよく耳にする「失業率」。
この数値はバイナリーオプションやFXで取引を行う場合にはとても大事なものなのです。

 

まず、失業率が高いと、経済全体が活性化してないと言うことですね。
経済が振るわないということは不景気なのです。
不景気だとお給料も上がらないし、物も売れない。
国全体が沈んだように調子が悪いのです。

 

アメリカやイギリスなどでは、毎月の失業率、失業保険の申請者数などを発表しています。
この数値が為替に大きな影響を及ぼすのです。

 

だいたい、重要な指標の数値と言うのは前回と比べてどうかと言う部分をみます。
そして直前予測も新聞やマスコミが発表します。

 

前回の数値、マスコミの直前予測、そして実数です。
この三つがどのくらい離れてるのかで為替に大きな影響が出るのかどうかが決まります。

 

直前予測で失業率が4%、前回が4.9%だったとします。
予測では良くなると思われてたのが、実際は4.2%だったとしましょう。
前回よりは良くなったが、予測よりは悪かった。
この場合、為替は下がる傾向になります。
しかし、その数値がすでに織り込み済みであれば、殆ど動きません。
この読みが非常に難しいのですね。

 

指標はFXにとって非常に重要です。為替が動くということだけではなく、今後の経済全体の動きを予測するにも必要だからです。