オシレータ系

オシレータ系

バイナリーオプションで勝利するためには、今現在の、市場の加熱度を知っておく事が大事です。
それを知る事が出来るチャートツールが、ストキャスティクスです。
ストキャスティクスとは、オシレータ系のチャートで、相場の売られすぎ買われすぎを0〜100%の数値で表示します。
同じオシレータ系のチャートであるRSIにも似ている部分があるのです。
明確な違いとして、ストキャスティクスにはラインが2本あるところですかね。
MACDも似てるのですが、こちらは移動平均線を切り取って表示してるので、トレンド分析用です。

 

ストキャスティクスを見ていくと、買いのシグナルというのが必ず出てきます。
当然、その逆である売りシグナルも出てきます。
これを理解して、適切な判断を行うかが大切なんです。
単純に、80%と20%のラインを超えて反転した時とはいえないのが分析ツールの難しいところです。

 

数値の分析と計算はシステムが行ってくれるので安心してください。
大事なのは、グラフ化された情報を見て判断することです。
これは、経験がついてくると、自然と身についてきます。

 

ストキャスティクスには、ファスト・ストキャスティクス、スロー・ストキャスティクスの
2種類のストキャスティクスがあります。

 

スロー・ストキャスティクスは遅れてシグナルを出す傾向にあり、グラフの曲線がとても緩やかです。
ファスト・ストキャスティクスはラインがぎざぎざなので、見難いですが、感度は鋭敏です。

 

初心者であれば、トレンド系のチャートがいいと思いますが、数字に強い人、論理的
な思考の人には、オシレータ系のチャート機能を好むようです。
ですが、出来れば両方を組みあわせて使うのが良いでしょうね。