日経225

日経225

日経2225先物と言う金融商品があります。
日経平均株価という株価指数を売買するというものです。
よくニュースで報道している、日経平均株価というのは、東証1部に上場している株式の中で、
225銘柄を日本経済新聞社が選出して、その平均値を計算したものなんです。
この平均値が上がるのか下がるのか、ポジションをとって売り買いします。

 

普通の株取引のように、特定の銘柄を選択する必要がないので、
どの銘柄で取引を開始するか悩む必要もありません。非常にシンプルな金融商品です。

 

FXと非常によく似ていますが、株式の売買に直接関わらずに指数だけの取り引きですので、CFDに近いです。

 

ここで気付いた人も多いと思いますが、バイナリーオプションとも良く似ているのです。
為替の値動きだけを利用して取り引きするバイナリーオプションも、指数取り引きと似ています。

 

株価指数取り引きはアメリカやイギリスにもあります。
この場合は、FXのように通貨ペアのみを注視して行なうのではなく、経済全体を把握しておかなければいけません。
難易度は結構高めですね。
日本の株価指数はニュースを見ていれば、日経平均株価の報道されています。
株価に影響するようなニュースはすぐに報道されますから、情報を得るのは難しくありません。
株式取引の経験があれば、全体の値動きには経験が働くと思います。

 

株価指数取り引きはその日の間に決済しますが、バイナリーオプションはとても短期間のトレードです。
ここに大きな違いがあります。
株価指数取り引きはどちらかと言うと、FXの性格を併せもっていますね。