流れに乗る

流れに乗る

バイナリーオプションやFXの分析チャート種類の一つである、トレンド系の分析は、
非常に簡単にいえば、値動きの大きな流れを掴んで、その流れに乗っていく事で利益を得ていこうとするものです。
この流れのことをトレンドと言います。

 

そこで、大事になってくるのが、現在の相場の方向性です。
それを判定するチャートには、代表的には、ローソク足、異動平均線、一目均衡表、パラボリックというものがあります。
この中では移動平均線が世界中の投資家によって利用されています。もっとも基本的なものと言えるでしょう。

 

移動平均線は、過去の一定期間の価格のの平均値をグラフ化しています。
この程度のグラフは小学生でも仕組みを理解するのが容易なのです。
移動平均線の場合は、自分で作る事もできます。少々計算が多いですが。
日ごとの短期的なもの、数ヶ月単位の中期的なもの、半年以上の長期的なものを揃えておくと、さらに詳細な分析が可能になってきます。
分析として行なうなら、時間別にするべきですが、しくみを理解するだけなら一つで充分です。

 

おすすめなのは、そこに政治的、経済的な事柄を記載しておくと良いでしょう。
バイナリーオプションや為替は、世の中の出来事に大きく連動しています。
例えば、大震災後、大幅に円が買われました。しばらく円高の相場になったのです。
普通であれば、円が売られるはずなのですが、日本の場合は多くの地震から復興している事を評価されたのだと思います。

 

そのような資料を手元に置いてトレードを行う。それだけで、かなり勝率が違ってくると思いますよ。

 

ようは、大きな流れがどちらに向かってるのかを知ることです。