ローソク足

ローソク足

ローソク足って、実は日本で作られたんだって知っていましたか。
すでに江戸時代には米の先物相場で利用されていました。
世界で一番精巧に工夫されている罫線であるといっても過言ではないと思います。
このチャートは、始値、高値、安値、終値を使用してローソクの形になったチャートです。

 

始値よりも終値の方が高いものを陽線といいます。
チャート上では白い足として書かれています。
反対に、始値よりも終値の方が安いのを陰線といい黒ヌリで表記します。
それ以外に、始値と終値が一緒だとクロス、十字ともいいます。
一旦高値を出して、その後に下がってくると、ヒゲが出現します。
逆に下がってから上げても同じです。

 

相場として、大きなローソクが沢山あるほうが利益を取りやすくなります。

 

また、寄引同時線(クロス)が沢山現れると相場がもみ合いになってる証拠です。
これはどちらへ行くのか迷ってるのです。

 

ローソク足は単独でも一応を意味があるのですが、より確立の高い予想を立てたいと思うのであれば、
いくつかの組み合わせを理解する必要があります。
有名なのは酒田五法ですね。江戸時代の相場師が考えたローソク足の組み合わせです。

 

たとえば、「不連続線」です。これは、2本のローソク足が、値を飛ばし並んでいる状態です。この
空間を専門用語として、「窓」といいます。窓は、その時点での人気の片寄りを示していますので、
市場が転換する時に、良く出てくる状態といえます。

 

このほかにもいろいろな線があります。
ローソク足は、日本で一番有名なチャート表ですので、これを理解しておけば、金融商品にある程度詳しくなっていると
いえると思いますよ。