リスクヘッジ

リスクヘッジ

FXを利用している人で、裁量トレードをしている人については、リスクヘッジとしてバイナリーオプションが利用できます。

 

ドル円が80円のとき、FXでロングポジションを取ったとします。
予想と反対に動いてマイナスが出た場合、FXは損切りをしなくてはいけません。
切る場所は自分で決めるので、損失がいくらになるのかは自分しだいです。
では、途中でストップを入れておくとして、その損失を少しでも減らすことができないでしょうか。
FXでポジションを取るのと同時に、バイナリーオプションでもポジションを取るのです。
ただしこちらはショートです。FXと逆の位置にとるのですね。

 

こうすることでFXがマイナスを出しても、バイナリーオプションで利益を取れます。
ただしかける金額によって利益が違うので、決してFXの投資以上に入れないで下さい。

 

バイナリーオプションでのリスクヘッジはあくまでも損失を小さくするためです。
FXで負けた分をバイナリーオプションで取り返すなんてことは考えないで下さい。

 

バイナリーオプションのリスクヘッジは、損失を軽減して、再度エントリーしやすい環境を作ることです。
バイナリーオプションで、他の金融商品の損失を取り返すためではありません。

 

利益が限定されているので、FXの失敗を取り返す事が出来ないからです。
バイナリーオプションだけで行なう場合と違うので、間違えないで下さい。

 

金融商品で、利益を出すために最も大切なことは、いかに儲けようではないのですね。
あくまでも、どれくらい損失を出さないかなのです。
極限までリスクヘッジをして損失回避をしながら、利益が出る機会を伺う必要があります。
そのためには、バイナリーオプションは最適な取引方法ではないかと思います。